中1レクリエーション 第2弾

2月14日(水)HRの時間を使って、中学1年生の学年レクリエーションが行われました。4月のオリエンテーションに引き続き、私(中山)がファシリテーターとなって、プロジェクトアドベンチャー第2弾を行いました。入学の頃に比べ、中1もずいぶん成長して頼もしくなってくると共に、増々元気になってきたように思います。私もその元気に負けないよう、ジャージに着替え体育館に向かいました。

???????????????????????????????

スタートは「ドラゴンの尻尾」という尻尾取りゲームでウォーミングアップ。体と気持ちが温まったところで、少し変わった鬼ごっこ「GO TAG」を行いました。クラスを解いた6~7人のグループが互い違いの向きで1列に座り壁を作って、その周りで2人が鬼ごっこをします。但し、逃げる方は座っている人の背中を押して列から押し出し、逃げる役を変わることができます。そのように、座って壁になっている人も皆参加できる鬼ごっこです。大きな注意点は、ずっと一人の鬼が続いてしまったり、壁のままで押し出してもらえず参加ができない人が出ないよう、みんなで楽しむことです。私も参加して走り回り楽しみましたが、どの班も歓声を上げてとても楽しんでいました。

???????????????????????????????

メインのゲームは「ジェスチャーゲーム」です。2グループに分けて、壁際のテーブルの上にあるお題の書いた紙を選び、グループの前で声を出さずジェスチャーだけで表現し当てるものです。全員1回はジェスチャーする役になり、どちらのグループが先に全員当てられるか競争です。恥ずかしがり屋さんもいると思うので、2人一組で協力して行うようにしました。第1ゲームは生き物の名前です。比較的簡単な問題を出したつもりでしたが、いざ体で表現するとそれは大変で、回答する方も必死に答えながら、その愉快なジェスチャーに大爆笑でした。第2ゲームは有名人の名前やグループ名と、難易度が上がります。ジェスチャーだけでは難しいので、歌や台詞や一発芸で声を出してもよいことにしました。これは難しいと思ったのですが、皆ジェスチャーも上手で、第1ゲーム以上に盛り上がりました。

???????????????????????????????

中学生活も間もなく1年が経とうとしています。みんなが仲良く、誰とでも協力し合える学年の雰囲気ができてきたように思えます。これからも、いろいろな行事や学校生活を通して、明るく優しいトキワ松生に成長して行って欲しいと思います。