「救急業務協力者感謝状」贈呈式

9月8日、目黒消防署にて救急業務協力者感謝状贈呈式が行われ、トキワ松学園高等学校に消防署長感謝状が贈呈されました。

トキワ松学園では1997年の臓器移植法施行より、保健体育科で「いのちの授業」として生命倫理を中心とした、臓器移植について考える授業や、救急救命協会のご協力を得て、最新の心肺蘇生法を学ぶ実習などを行ってきました。水泳の授業では、着衣泳や救助法を学び、心肺蘇生法につなげて命の大切さを学習しています。また、女子校ということもあり、赤ちゃんの救急法にも力を入れています。

それらの活動により、今回感謝状が授与されました。これからも救える命を救うための知識や技術を学び、いのちの大切さを考える授業を展開していきたいと考えています。

IMG_0146