中2道徳 ビブリオバトル

本好きな「探究女子」を育てているトキワ松ですが、中学2年生の道徳の授業でビブリオバトル(書評合戦)を行いました。生徒たちには、友達に奨めたい本1冊を持ってきてもらい授業開始です。ゲストとして高校3年生でビブリオバトルを経験したことがある読書好きな2人に来てもらい、担任と私の計4人がひとり5分で本紹介を行いました。一番のベテランは高校3年生のふたりです。我々教員の方がドキドキ、残り時間を気にしながらの発表となりました。

IMGP5122 IMGP5127

ビブリオバトルは、やってみると実にいろいろなことを感じとり学ぶことができる活動です。なぜその一冊を選んだのか、どんなところに感動したのかを熱く話す発表者を前に、聞く側の生徒たちも真剣に前のめりで聞いていました。それぞれの発表の後に質問する時間があります。その本に出会ったきっかけは?他にどんな本を読みますか?などなど、質問やコメントを交わすことで、本の世界が広がるのに加え、互いの理解を深めることができます。

IMGP5137

4人の発表を聞いた後、次は生徒たちの番です。グループになり1分半という短い時間ですが、自分が持ってきた本について紹介し合いました。互いによく聞き、質問も飛び交い、充実した時間となりました。

IMGP5147 IMGP5145

生徒のふりかえりを数編載せます。仲間でも家族でも気軽にできますので、ぜひお試しください。自分の、そして他者のいい面に気づくことができますよ。

◇自分の好きな本を説明することで、他の人にもその本に興味を持ってもらえてよかったです。仲間が読む本を知ることで、その人の興味や人柄を知ることができたような気がしました。

◇自分では絶対に読まないような本もビブリオバトルを通して知ると、その本が読みたくなるなと思いました。また、紹介する側はどうしたらこの本のよさを知ってもらえるかと考えることができました。

◇今日はあまり質問ができなかったけれども質問する力がビブリオバトルで身につくと思いました。また、どういう風に話すと相手に伝わるかという発表力もつくと思いました。

◇その人が自分と同じ考え方をしていたら共感できるし違っていても別の考え方として受け止めることができるのでとても面白いと思います。

◇本が好きになれるし、友達が紹介した本をお互いに読むことで、友達とその本について話したりできのでいいと思います。

イングリッシュ・ライブラリー=中学生版=

先日、高校2年生が大人向けの英語の原書を協働学習で読んだ授業をご紹介しましたが、今日は今中学2年生で行っているイングリッシュライブラリー(多読活動)についてご報告したいと思います。

IMGP4907

英語のライブラリー活動は中学1年生の時から行っています。生徒たちにとっては教科書とは別に、共通の本を読むこともあれば、写真のように図書室にある英語の本の中から、自分の関心やレベルに合った本を選んで読むこともあります。どちらも生徒たちが楽しみにしている活動です。それまでに習った語彙や文法をもとに読み進めていくうちに、多少わからない箇所があってもとにかく最後まで読み通す、という習慣が身についていきます。

    IMGP4904   IMGP4908

多読はポイント制で行っています。難しい本や長い本はポイントが高くなります。生徒は読んだ後に簡単なブックレポートを書きます。タイトル、あらすじとコメントを英語で書きますが、あらすじの書き方や文章の型を初めの段階でしっかり指導しておくので、英語が得意でない生徒でも書けるようになります。

IMGP4910  IMGP4911

このようなやり方で行うと、生徒は自分に合った目標設定をすることができます。例えば、ある生徒は難しい本に挑んだり、またある生徒は平易な本をたくさん読む、というように。ですから、どんなタイプの生徒も楽しみながら、しかも集中して取り組むことができるのです。

IMGP4904  IMGP4908

日本の英語教育は書いたり話したりする活動がまだまだ不足していると言われます。4技能をバランスよく身につけていくためにも、たくさん読み、その上書く力もつけるという点で、中学段階のイングリッシュ・ライブラリーは大切な活動なのです。

IMGP4909

 

LocalにしてGlobal!

 目黒パーシモンホールで行われたMIFA国際交流フェスティバルに、本校生徒約40名が運営ボランティアとして参加しました。同フェスティバルは今年で第10回目となり、本校はそのほとんどに参加させていただいています。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

目黒区は23区の中では大きな区ではありませんが、14ヶ国の大使館があり国際色豊かな地域でもあります。本校で国際交流を行う時には各大使館にもお世話になっていますが、フェスティバルでは各国がブースを出し、その国の文化や習慣を紹介したり、とっておきの料理や飲み物も販売されます。私も毎年、おいしい何かを購入すのを楽しみにしています。会場は、いろいろな国の言語が飛び交う中大勢のお客様が通路狭しと行き交っていました。本校の生徒たちは書道、フェイスペインティング、キッズコーナー、エコステーション、写真撮影等の係りとして一日忙しく働きながらも、各国の料理をいただいたり、大ホールで披露される各国の民族舞踊を見たり、英語以外の言葉を教えていただいたりと、大いに楽しんだようです。

IMGP4749 IMGP4746

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

また、亀屋万年堂とのコラボ商品である「ドライフルーツ大福」やフェアトレードチョコレートもたくさん買っていただき、ガーナの子供たちのために寄付することができました。多くの皆様のご協力をいただき、ありがとうございました。

IMGP4750 IMGP4757

 

国際情勢は緊迫する局面が絶えない状況にありますが、本校はユネスコスクールとして、海外に行かずとも、このフェスティバルのように日常の中で国際交流を深めることで、生徒ひとりひとりの中に平和の輪を広げていく担い手としての自覚と使命感を培っています。

 

 

あいさつ運動

毎朝小学校の丸山校長とエントランスに立ち、児童生徒たちとあいさつを交わすのが日課となっていますが、1月30日~2月14日は校友会役員の生徒たちが「あいさつ強化運動」を実施し、毎日全校に放送で呼び掛けるとともに、朝私たちと一緒にあいさつの声掛けをしています。あいさつ運動は、生徒委員会が行うこともあります。生徒たちの中から積極的に提案があり、いつでもどこでも心のこもったあいさつができるよう運動の輪が広がっているのは大変うれしいことだと思っています。この日は校友会と清美委員会合同による清掃活動も重ねてあり、学校周辺の清掃を行いました。

IMGP4742            IMGP4739

IMGP4736 IMGP4743

 

まだまだ厳しい寒さが続いていますが、今日も清々しい気持ちで一日を始めることができます。

 

200ページの原書を読了

トキワ松では読書活動を盛んに行っていますが、それは日本語だけでなく英語の本についても同様で、4000冊の英語の蔵書を活用し多読活動を行っています。中学では生徒が自分の好みやレベルに合った本を選び、最後まで読み通す習慣を身につけ、読解力の伸長につなげています。今日は英語の多読の集大成とも言える高校2年での実践を、担当の岩谷教諭から紹介します。

今年高校2年のあるクラスで “The Last Lecture”という大人向けに書かれた200ページ以上あるペーパーバックの原書を読みました。著者はRandy Pausch。ガンで余命数カ月と宣告された大学教授です。Randyはこの先20年かけて幼い3人の子供たちに教えようと思っていたことを、大学生や同僚に対する「授業」という形で将来の子供たちに伝えることにしました。その授業で彼が話したこと、話しきれなかったことをまとめたのがこの本です。 DSCN7893 生徒たちは「協働学習」でこの本に取り組みました。一人では理解しきれなかったところ、幾通りにも解釈できる表現などをグループで納得いくまで話し合い、理解を深めます。時には数種類の辞書を見比べながら、お互いに教え合い、回数を重ねるごとに協同学習も充実したものになっていきました。   1月中旬、約半年かけてこの本を読み終え、最後は実際の「最後の授業」の様子の映像記録を視聴しました。

DSCN7680    DSCN7676

これまで読んできた「楽しい」本とは異なり「生と死」という重いテーマの本を読み切った生徒たちは、力を尽くした者だけが味わえる大きな達成感に浸り、互いの貢献をたたえ合いました。高校卒業後も再読に値するこの本は、今後の人生の様々な場面で生徒たちを勇気づけ、鼓舞してくれることでしょう。 以下は生徒たちの感想の抜粋です。

・私はグループ学習で“The Last Lecture”を読み、また新たに協力して学習することの良さを学んだ。一人ひとり解釈が異なり、多様な感性で読み進めたことで読書の良さを感じた。

・読み始めた時は本の厚さに気が引けたけど、Randyの書く文章はクスッと笑えるところもあり、面白く読破できた。Randyの述べる言葉には自分の実生活と照らし合わせてみても励みになることが多く、再度読んでみようと思う。

・“Brick walls are there for a reason. They give us a chance to show how badly we want something.” 「レンガの壁があるのには理由がある。自分がどれだけ何かを望んでいるかを確かめる機会となる。」この言葉は私自身の大学受験に対しての身構えとも重なる気がした。これから大きなBrick wallsが立ちはだかると思うが、へこたれそうになっても、その壁を乗り越えたいと思えば、その大学へ入りたいという気持ちの強さが自覚できて、より励みになると思う。

・今まで読んだ本とは比べ物にならないくらい長く、語彙のレベルも上がっていたが、時間をかければ読めると分かり嬉しかった。英語読解の面でも、人生の歩み方の面でもたくさん学びながら、読み進められた。

・難しい質問や、文章の解釈の仕方をグループで話し合って最良のものにしていくことは自分にも、みんなにも大変有益であったと思う。

・「ほとんどすべての人に長所はある。とにかく待っていればいつか良いところが見えてくる。」という言葉が印象に残っている。誰かに腹を立てることもあるけれど、それは自分がその人に十分な時間をかけていないからだと知って、自分の考えが変わった。

・自分が知らない単語で止まり、辞書をいちいち引いて読むよりも、先に読み進めて、文章の前後関係で意味を推測する方が効率的であることを発見した。

・今まで読んできた物語は楽しいもので笑っていられるものだったが、この本は生と死、子どもや妻に残したいものがテーマだったので難解だった。国語力を必要とした本だったので、親に質問をすることもあった。読み切ったことが自信となった。

・自分の解釈を「人に伝える」ことを前提に自分の中で英文を消化しながら読むことに重点を置いた。

・「幸運とは準備と機会が巡り合った時に起こる」というフレーズで、私も目標を持って叶えたいものに向かって、今出来ることを一生懸命やりたいと思えた。受験を前に不安な気持ちが先行することもあるが、頑張っていればいつか機会が訪れるのだと思い、一つずつ努力を積み上げていきたい。

・Randyが本の中でも述べているが、様々な人の言葉を聞いて、それを否定するのではなく、考えることの大切さを感じた。