ACジャパンCM学生賞奨励賞受賞!

  毎日卒業生たちが近況を報告しに訪れてくれますが、今日は高瀬さんがうれしい報告をもって来てくれました。高瀬さんは、併設の横浜美術大学映像メディアデザインコースの4年生。7名のチームで応募した第10回ACジャパンCM学生賞で、奨励賞を受賞したというのです。15秒のアニメーション作品で、テーマは「地球のマナー」。電車の中でのマナーについて作成したといいます。この度の受賞は大きな自信につながったようで、現在は就職活動と卒業制作に向けて頑張っていると、将来の目標について語ってくれました。

Imgp0739

 また、電通の本社で行われた表彰式で、何と他大学の芸術学部に進んだ同学年の卒業生のチームも入賞していて、表彰会場で久しぶりの再会を果たしたというのです。それぞれ進んだ道で頑張っているのを聞くことができるのは、何よりうれしいことです。

中学1年 道徳

 入学から一ヶ月余。元気に学校生活を送っている1年生に対して、道徳の授業を行いました。中学生活の土台を築くこの時期、最も大事なのは「いい習慣づけ」です。そのために、毎日担任や各授業の先生方が生徒たちと対話を重ね、意識づけを行っています。また、生徒が『毎日の学習と明日の準備』の冊子に記録し、それを保護者→担任が確認、助言することで、生徒が自分で時間のやりくりができるよう後押しをしています。初期の段階での学校・家庭間のこのやり取りを通して気づくことも多くあり、生徒自身を自立させるためにも重要な役割を果たしているのです。        

 そんな学習・生活習慣が定着してきたこの時期。まずは中学生になって自分で頑張っていることを挙げてもらうと・・・。『早起き・電車通学・勉強と部活の両立・時間管理・自分からあいさつ・本をたくさん読む・健康管理・楽しいクラスをつくる・苦手科目の克服・自主性』など様々なことが出てきました。

 全員が部活動に入っているので、忙しい生活の中で勉強と部活動を両立させていくことに一生懸命な様子がうかがえます。また、小学生の時に果たせず悔しく思っていることや、今の自分の課題や悩みを語る生徒もいました。出会いから間もない段階のクラスですが、あるがままの自分を出せているのは、それを受け入れるクラスの土壌ができているからこそのこと。自他肯定感を醸成するための大切な基礎が培われていることが確認できた思いです。        

 トキワ松学園はひとりひとりのよさを互いに認め合い、互いに伸ばしていく学校です。学園創立の歴史と三角錫子先生の建学の精神をたどった授業でしたが、これからの6年間のトキワ松生活での一日一日を大切に積み重ねることで、「はがね」と「すみれ」をしっかり根付かせてほしいと願っています。

 

辻垣内 聖 陶・七宝展

 辻垣内聖さんは、トキワ松学園小学校から中高を経て併設の横浜美術短期大学(当時)を卒業した生粋のトキワ松生です。短大卒業後工芸家として活動を開始し、異例の若さで数々の賞を受賞するなど、輝かしい活躍を続けています。今回も子育てに忙しい日々を送りながら、初の個展に向け作品づくりに集中してきたそうです。

 ということで私も日曜日に行ってきました。学校から程近い自由が丘の画廊で、大小さまざまな作品を間近に鑑賞し、辻垣内さんともゆっくり話すことができました。彼女の目下のテーマは『星の起源』。地球という小さな星に今私たちが生きているのは、広大な宇宙の年輪の中で、ほんの一瞬の、瞬きにもならない時間でのこと。そんな中で家族ができ、大切な人たちとの出会いがあるのは、偶然なのか必然なのか。私達の意志を超えた絶対的な存在があるのではないかという気持ちになると言います。

 自然に対する畏敬の念をもち、互いに思いやりをもって生きていかなければいけないという想いが作品に注ぎ込まれています。陶器に七宝の技術を合わせるという大変珍しい技法を使いながらの大作品から、日々の食卓に使える器まで揃えて展示してあります。我が家の食卓にも、一昨年求めたスカイブルーが爽やかな小鉢が毎日のように活躍してくれています。

 皆様も、ぜひ辻垣内さんの個展にお運びください。

Sippouo1

Sippouo2

 

             

続きを読む 辻垣内 聖 陶・七宝展

マンドリンギター部定期演奏会

 5月4日、初夏の陽射しに誘われてそぞろ歩きしたくなる好日。めぐろパーシモンホールの小ホールで、第42回マンドリンギター部定期演奏会が行われました。会場は、部員のご家族、在校生、卒業生、そして近隣の方達も聴きにきて下さり、ほぼ満席での幕開けです。 

 第42回という伝統を誇るマンドリンギター部ですが、東京マンドリン宮田楽団を率いる宮田蝶子先生が在学時に創部され、その後現在に到るまで先生自らが指導にあたってくださっています。そして楽団員の方達も定期演奏会のために演奏に参加してくださいました。 

 「音楽で世界を一周する」と題しての選曲をはじめとして、ミュージカルメドレー、ポップスなど多彩で楽しいプログラムで進行。マンドリンギターの弦が織り成す美しい調べに聴き入りながら、温かくゆったりとした時間が流れ、心満ち足りる演奏会でした。

      

                         

                

続きを読む マンドリンギター部定期演奏会