Sampai jumpa lagi.

  10日間のホームステイを終え、29日インドネシアのRICS(Raffles International Christian School)の生徒たちがトキワ松学園を後にしました。Farewell Partyでは、司会の二人が英語で進めましたが、ともにオーストラリアのターム留学を経験し、堂々とした司会ぶりのもとでの進行となりました。

 今回は、滞在中目黒にある東京インドネシア学校の訪問を受けたり、RICS生がトキワ松小学生の教室を訪問するなど、交流の輪がさらに広がる内容となりました。

 RICS生たちに日本の生活で一番驚いたこと、RICSと異なると感じた点を上げてもらうと、◇教室でみんなが歓迎してくれたくさん声をかけてくれたこと、◇電車や徒歩で通学したこと(RICS生たちは車で通学しているため)、◇授業中の態度が真面目でけじめがある(RICSではおしゃべりが絶えないと・・・?)◇トイレが複雑で進化しているのにびっくり(操作ボタンが多い、音が出る、蓋が自動で開く・・・)等について話してくれました。

 和気あいあいとした歓談に続き、ホストファミリーの感想、RICS生の日本語のスピーチ、国際交流部を代表してのあいさつ(日本語・英語・インドネシア語)など、3ヶ国語が行き交う中で、別れを惜しむように交流の時間が流れていきました。

 ホストシスターを引き受けたある高校3年生は、お姉さんが在校中RICS生を3度受け入れ、今回で4回目になります。お姉さんはRICSにも行きましたので、引率のHelny副校長先生もすっかり顔なじみです。交流のバトンを下級生たちが受け継ぎ、今後も両校、両国の親睦の輪を広げていくことを約束して、今回のプログラムを無事終了いたしました。 

Sampai jumpa lagi! またお会いしましょう。                                  

 

続きを読む Sampai jumpa lagi.

安全安心の街づくりに

12日(土)午後、日頃から様々なイベントに各部活動が参加させていただいている学芸大学東口商店街に防犯カメラが設置され、その記念イベントが行われました。本校からはダンス部がお祝いのダンスを披露するということで、生徒たちと一緒に行ってきました。

初夏を思わせる陽射しの中、地元の皆さんも大勢集まり、パレード、式典に続き、ダンス部のパフォーマンスです。駅前のスペースでの演技は舞台とは勝手が違いましたが、イメージキャラクター「スマにゃん」も加わり、いつも通りの元気いっぱいのダンスに大きな拍手が贈られました。

      

     

      

続きを読む 安全安心の街づくりに

吹奏楽部定期演奏会

 新年度を迎え、本校のホームページをリニューアルいたしました。まだ作業が残っているところもありますが、本校の教育と生徒たちの様子を、よりわかりやすくお伝えできればと思っています。

 さて、4月2日(水)第22回吹奏楽部定期演奏会が、エポックなかはらで開催されました。3部構成のプログラムは、クラシックから日本の唱歌、ミュージカルのナンバーまで幅広くカバーされていて、お年寄りから子供まで楽しめるステージとなりました。中には、歌の披露や、ボディーパーカッションも加わり、ステージと客席が一体となる本当にすばらしい演奏会でした。

 

 

 多くの卒業生たちが舞台に裏方にと応援参加してくれるのも、定期演奏会ならではのことと言えます。吹奏楽部の活動を積み重ねる中で、音楽の道に進むことを決意し、現在プロとして活躍している人たちもいますし、子育てに奮闘する中で、久々に演奏を再開させた卒業生もいます。部員たちは、吹奏楽部の歴史と伝統を誇りとし、卒業生たちの背中から様々なことを学びながら、将来の自分を描いていくことでしょう。ご来場いただいた大勢の皆様、温かい声援と拍手をいただきありがとうございました。

 なお、〔お知らせ〕にもありますが、明日4月6日(日)中目黒の桜まつりで吹奏楽部が演奏いたします。時間は14:30~14:50、場所は中目黒駅から1分、目黒川と蛇崩川との合流点遊び場(雨天の場合は目黒区役所大会議室)です。満開の桜のもとでの演奏ですので、お時間がありましたらぜひお運びください。

続きを読む 吹奏楽部定期演奏会