健闘してます、トキワ生!

エントランス前にある、卒業記念に贈られた枝垂桜も落葉し、冬本番を告げています。

Hiki

そのままエントランスに向かうと、何と生徒たちの活躍を讃える垂れ幕が入り口の両脇に所狭しとか並んでいるんではないですか。ダンス部は中学生が今月全国大会に出場しますが、高校生も11月に行われた学生パフォーマンスライブ東京大会で優秀パフォーマンス賞を受賞し、決勝大会では準グランプリに輝きました。

写真部は、今夏全国高等学校総合文化祭(全国大会)に出場し、冬季都大会でも多数入選を果たしています。生徒たちは年々腕を上げ、学校や地域のさまざまな活動でも撮影担当としてしっかり役割を果たしてくれ頼もしい限りです。まだ幕は出ていませんが、ラクロス部も2部リーグで決勝進出、惜しくも負けましたが準優勝を勝ち取っています。

部活動以外でも、ご覧のとおりさまざまな機会をとらえ、自分の思いを表現し大きな大会に臨んでいます。11月の末には、2013映画甲子園の規定部門(環境映像)で、高校二年井出さんの作品「グッドバイ」が最優秀作品賞を受賞したという朗報が入りました。半年かけて制作した力作が最優秀賞に輝き、私も大変うれしく思っています。

Zenntai

写真にある他、人権作文・地域の伝承文化コンテスト・ポスターコンクール・どくしょ甲子園・ビブリオバトルなどにも挑みました。結果が伴ってもそうでなくても、自分の興味関心をさらに深め、形にし、挑む。その過程にこそ「目指す自分」に近づく道があります。

何事にも一生懸命取り組むトキワ松生の挑戦に引き続きご期待ご注目ください。