出会って20年

いつもだったら、運動部が練習しているはずの土曜日午後の体育館。この日(26日(土))定期試験のため勉強中の生徒たちに代わって体育館に集まったのは、99年に卒業したトキワ生たちです。実はこの学年は、私にとって中学時代は担任として、高校時代は学年主任として6年間持ち上がった縁の深い学年でもあります。

 今は仕事に、子育てに忙しい彼女らも、顔を合わせばたちまち在校していた頃の姿がお互いに重なり、思い出話に花が咲きます。最も早く母になったAさんの長男は小学6年生、早くも反抗期に入りつつあるそうです。逆に、最も小さな赤ちゃんは生後3ヶ月、この日が電車デビューだったそうです。

小さな子供たちは体育館中走り回ったり、クライミングウォールで遊んだり。また、赤ちゃんたちはマットの上に寝かせたりしながら、にぎやかで穏やかな時間が流れていました。

それにしても、この世代が集まるには体育館はこの上ない安全安心な会場だとあらためて思いました。卒業生の皆さん、特に子育て世代の方達は試験期間中がチャンスです。どうぞ気軽に母校トキワ松に集ってください!

Imgp3659

トキワ祭ご来校ありがとうございました。

第54回トキワ祭は好天の中、昨年より多くのお客様にご来校いただき、大盛況のうちに幕を閉じることができました。皆様のご理解、ご協力、そして温かいご声援に心から御礼申し上げます。

 

Photo_10
継続的な活動の成果を披露する舞台発表、委員会やクラスの展示発表、そして食堂部門。それぞれの場で、生徒たちは準備を重ねベストを尽くしたと思います。今年は特に、わかりやすい内容説明やていねいな案内に重点を置き、各団体が工夫を凝らし、お客様をお迎えしました。

その結果、アンケートでは、「生徒たちがあたたかく迎えましたか」という質問に対して、「とてもそう思う」77%、「だいたいそう思う」19%を合わせ、96%の方が「あたたかく迎えられた」と答えてくださいました。生徒たち自身が大いに楽しんだトキワ祭で、お客様もあたたかく迎えられたと感じとっていただけたことは、生徒たちにとって大変励みになると思います。ありがとうございました。

 

 

≪アンケートの自由記述から≫

「6年連続で来ましたが、今年が一番よかったかもしれないと思いました。(家族)」

「ミュージカル部、レベル高すぎです。今まで見た学校の中で、一番すごいです。(家族)」

「校内見学ツアーの生徒さんの対応がよかったです。(受験生)」

「トキワ松だなーという印象です。中高生独特の若さを感じて、いい機会になりました。体育館スタッフの対応もよかったです。(卒業生)」

「マイナスの意見のほうが今後の参考になるのでしょうが、何もありません。楽しく心温まるひと時でした。(家族)」

「公立の文化祭に比べて校内の案内や展示の仕方がどれもきれいで行き届いているので感心しました。頑張ってください。(一般の方)」

「生徒たちが皆とても楽しそうに笑顔で展示説明、販売しているのが好印象です。このトキワ祭に向けて準備してきたこと(下調べの大変さなど)が伝わりました。(家族)」

 

自主運営朝学習 続編

前回お伝えした英語検定合格を目標としたトキワ生の自主運営学習ですが、他校の先生方から反響があったので少しつけ加えることにいたします。

30回に及ぶ自主学習は、トキワ祭を終え通常のリズムに戻り、今日現在第22回となっています。スケジュール表は教員が作成しますが、運営や記録はすべて生徒自身が行っています。

*これは毎回のスコア記録です。      

手順については前回お伝えしましたが、生徒たちがやってみた上で改善し、現在の流れになっているようです。例えば、以前は最後に「皆でスクリプトを音読」していましたが、実際にやってみると、スクリプトが長いため読むペースが違ってきてしまう。それなら、スクリプトを見ながらもう一度聴くことで、聞き取りにくかった箇所を確認でき、内容理解も深めることができる。それを踏まえて、音読は各自後で行うことができる、という生徒たちの意見があり、今の流れになった経緯があります。

20分という限られた時間。どのように効果的に使い定着や成果に結びつけるかということも、自分たちで考えながら進めているこの朝学習は、来週の土曜日まで続きます。

「継続は力なり。」 最後までがんばりましょう!