創立100周年式典

IMGP1707-4

11月22日 トキワ松学園創立100周年記念式典及び、記念祝賀会が行われました。早朝、福島県を中心に大きな地震があり、交通機関の心配もありましたが、大きな乱れはなく予定通り「めぐろパーシモンホール」で記念式典が始まりました。

式前の吹奏楽部による歓迎の演奏の後、開式の辞、理事長式辞に続き、文部科学大臣 松野博一様の祝辞を文部科学審議官の小松親次郎様が代読されました。続いて東京私立中学高等学校協会会長の近藤彰郎様に祝辞を頂戴しましたが、皆様のお話を聞く中で、100年の歴史を振り返り、改めて伝統の重さを感じることができました。

次に壇上に立った在校生代表の生徒会長のお祝いの言葉は、修学旅行で訪問した広島での平和学習を取り上げ、戦争被爆国としてその悲惨さを後世に語り継ぎ、平和な世界を築き上げる願いを込めた素晴らしい内容でした。その内容の部分をご紹介いたしましょう。

IMGP1777-3 IMGP6599-2

「私は先日、修学旅行で広島を訪問しました。そこで平和学習の一環として原爆が投下された当時に被爆された方のお話を伺いました。当時の広島の様子は想像を絶するものばかりで大変衝撃を受けました。人道に反する兵器によって広島の伝統も文化も、そして多くの命をも奪われ、その上奇跡的に生き延びた方々も、後遺症や自分が生き残ったことに対しての後ろめたさで苦しみ、心身に負った深い傷は一生消えることはないのです。今年で戦後71年を迎えましたが、今も尚、広島や長崎に惨禍をもたらした核兵器が開発され、平和と安全に対する脅威が新たに登場しています。日本は唯一の戦争被爆国として「核兵器のない世界」の実現に向け、これからも世界の国々に訴え続ける使命があります。そのためには日本国民全員が事実を知り、正しい知識と平和への強い意志を持って、しっかりと目を向けなければなりません。この先私たちを含んだ戦争を知らない世代が増え、また被爆者の方々もご高齢になるので、被爆体験を直接伺う機会は必然的に減ってきてしまいます。これからの平和な未来に向けて、この惨事を後世に伝えていくには、どうしても若い世代の私たちの力が必要不可欠です。

次の百年もその先もずっとトキワ松学園の後輩が、平和な時代に生きていることへの感謝の気持ちと平和な世界を続けていくことへの強い意志を持ち続け、浮かれずに常に正しい道を見極めて生きていくことを願います。」

IMGP1849-3  IMGP1958-3

後半の第二部はダンス部によるダンスパフォーマンスから始まり、マンドリンギター部の演奏の中、トキワ松学園の歴史をスクリーンで紹介いたしました。最後にマンドリンギター部の演奏で校歌を合唱し閉式の辞をもって閉式となりました。

本当に多くの方々に支えられた100年であり、深い感謝と共に、これからの日本・世界を支えていく子供たちを、立派に育てていかなければならない使命を再確認することができた式典でした。

これからもトキワ松学園の教育にご指導・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

行事の秋~トキワ祭&親子運動会~

秋は行事の多いシーズン。中学校高等学校では10月1・2日にトキワ祭(文化祭)、小学校は10月10日に親子運動会が行われました。行事の中でも児童・生徒達は大きく成長していきます。きっと、たくさんの思いでや達成感が得られたのではないでしょうか。

《トキワ祭で成長する!》
第57回トキワ祭は昨年を上回るお客様をお迎えすることができました。創立100周年の記念の年ということもあり、生徒達は例年以上に念入りな準備を重ねてきました。

クラス展示はどのクラスも内容が充実しており、質の向上が感じられました。テーマ決めの段階から熱の入った話し合いが行われ、研究段階では多くのクラスがテーマに沿った博物館や施設に出向いて学んできます。その行動力は、まさに「探究女子」の底力発揮といったところでしょうか。

今年は3階ホールで演劇部とミュージカル部、軽音楽部を鑑賞しました。本校は演劇部とミュージカル部の共存する珍しい学校です。合体すればよいのにと素人考えでよく言われてしまうそうですが、彼女たちに言わせると、全く違うので無理だそうです。

演劇部の出し物は「ネバーランド」。女子高生が学校生活や友達関係の中で自分の内面と向き合っていき、成長していくストーリーです。現代の女子高生には必見の内容で、出演者の豊かな表現力に感心しました。最後には私も涙が出るほどの熱演でした。ミュージカル部は「真夏の世の夢―Puck―」という妖精と人間の出会いから、その周りで繰り広げられる愛憎劇を経て再び絆を結んでいくという舞台です。勇ましい男性役から、美しい歌声の女性役まで、演技力・歌唱力が高く、まるで宝塚を見ているような華麗な舞台でした。軽音楽部は各バンドが3階ホールいっぱいの観客と一体になって、日頃の練習成果を余すところなく披露していました。観客とコミュニケーションの取り方がプロ並みのバンドもあり、とても驚くと共に今後が楽しみになりました。

今年は、横浜美術大学とトキワ松学園小学校のアフタースクールの参加もありました。横浜美術大学は作品展示でしたが、流石にそのクオリティーは高く、素晴らしい作品でした。
美術コースの生徒にも刺激になったようです。アフタースクールでは2日目に駄菓子屋を開き、元気の良い売り子さんの声が廊下にも響き渡っていました。学園として繋がりを感じ、是非来年もお願いしたいと思いました。

トキワ祭を見ていて、日頃の授業とは違う活動の中でも、思考力や探究心、コミュニケーション力といった、トキワ松学園が大切にしている力が着実についてきていると感じました。これからもいろいろな行事や活動で頑張って欲しいと思います。(生徒の活躍している姿はトキログの写真をご覧ください)

001 IMGP8399-2
第57回トキワ祭                    横浜美術大学作品展示「ハマビ・アソビの空間」

《元気いっぱい「親子運動会」》
10月10日、トキワ松学園小学校の親子運動会が開催されました。2日間雨で順延になったおかげで、私も今年は応援に行くことができました。少し涼しい陽気で、快晴とはならなかったものの、暑さの心配がなく運動会には適したお天気と言えたと思います。横浜美術大学のグランドで行われる運動会の一番良いところは、広い芝生の上を走り回れることです。10月の芝生は、中学校高等学校がスポーツ祭典を行う5月よりさらにフカフカに生え、グランドの人々を優しく包んでいるように見えました。小学生たちは、徒競走や綱引き、玉入れなどの競技から集団演技まで、元気いっぱいの姿を見せてくれました。また、小学生の競技に混ざって保護者が参加する競技も多く、誘導や受付、事前の準備などの係としても活躍してくださり、まさに「親子運動会」と言う名の通り、皆が一緒になった温かい運動会でした。

有意義な夏休みを!

IMGP6252-3

夏休みに入って1週間が経とうとしています。トキログでも紹介されていますように、7月16日に出発したイギリス多文化研修、19・20日に行われた中学1年生の校内留学、そして19日より始まった校内の夏期講習など、早々に様々な活動がスタートしています。終業式で、夏休みには部活動・文化祭に向けた活動・ボランティア活動等どんなことでもよいので、一生懸命に取り組めるものを探して活動してくださいというお話をしました。ぜひ9月には有意義な夏休みだったと言えるようにしてほしいと思います。また、高校3年生は受験に向けて大切な時期ですね。体調を整えて、力強く乗り切ってください。

さて、夏休みは多くの活動ができる反面、危険も隣り合わせといえます。今年の夏休みのスタートは、過ごしやすい気候が続いていますが、これから夏本番ですので熱中症には警戒してください。また、水の事故はもちろん、意外と多い落雷事故にも十分注意してください。このところテレビのニュースでは、新しいスマホのアプリゲームが話題を呼んでいると、連日のように放送されています。先行配信されている海外では、歩きスマホでゲームをしていて事故にあう例が報告されていますので、危険な使用をしないよう十分注意してほしいと思います。

 9月の始業式で皆さんの明るい笑顔が見られることを楽しみにしています。

                           中山 正秀

生徒と一緒にランチタイム

トキワ松学園の昼食は、ご家庭で用意していただいたお弁当を持って来てもらうようにしています。もちろん用意できない時は、売店でパンやおにぎり等を購入することができます。教室又はカフェテリアで食べることができますが、中学1年生は自分の教室で、担任や学年の先生と一緒に食べています。私も時間を見つけて中1~中3の教室へ食事をしに行くようにしています。

先週、中1の教室へ食事をしに行きましたが、突然の訪問にも生徒達は驚くこともなく、自然な形で迎え入れてくれました。部活動も始まり、忙しくなったことでお腹もすくのでしょう、お弁当以外にパンを買っている生徒が何人もいましたが、そのパンを分け合って食べる姿がほほえましく感じられました。昼食時間はコミュニケーションをとる大切な時間でもあります。いろいろな仲間とお話しをしてほしいと思います。

わずか20分くらいの時間でしたが、私も楽しくお話をしながら昼食をとることができました。さあ、ゴールデンウィークが過ぎると、本格的な活動が始まります。どの学年の皆さんも、しっかり食事をとって元気に学校へ来てくださいね。頑張れトキワ生!

IMGP9917 IMGP9924

卒業生によるサクソフォン・コンサート

IMGP1349-2  IMGP1355-3

高校三年生対象の特別公演として、卒業生の冨岡祐子さんと佐藤温さんによるサクソフォンコンサートが行われました。二人ともサックスとの出会いはトキワ松の吹奏楽部でしたが、6年間の活動や大会への挑戦等を重ねるうちに、さらにその道を究めようと決め、それぞれに大学や留学等を経て、現在はプロの演奏家として活躍しています。今日は、お仲間のピアニストの方の協力を得て、トリオですばらしい演奏を聞かせてくれました。

実は二人は同時期には在籍していませんが、吹奏楽部は毎年定期演奏会などで多くの卒業生たちが演奏や裏方で携わってくれ、縦のつながりを大切にしているため、社会人になっても様々な代の卒業生たちの交流が続いているのです。

IMGP1365-3 IMGP1368-3

生徒たちは先輩たちが織りなす研ぎ澄まされた音色、迫力ある演奏に聴き入り、豊かなひとときを持つことができたようです。これから受験や卒業を控え、先輩たちの姿に将来の自分を重ねたかもしれません。

IMGP1446-3

なお、冨岡さんはこの度CDデビューをしました。興味のある方はぜひ一度手にとってみてください。

「鋼鉄に一輪のすみれ」創立百周年の幕開け

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

本日から3学期の開始です。冬休みに入り学校では部活や勉強会、自習に励む姿があちこちに見られましたが、年明けには早くも4日からスキー教室が行われました。詳しくはトキログでご覧いただけますが、伝統あるスキー教室は今年で第63回となりました。4日間の実習を通して初心者もだいぶ上達して帰ってくることができたようです。

さて始業式では、今年いよいよトキワ松学園は創立100周年を迎えることを話しました。オーナーがいない本学園は、100年の長き歴史の中で幾度となく山谷を乗り越えてきましたが、それは教職員、生徒、保護者、卒業生並びにその保護者、地域の方たち、学園に縁があったすべての人たちの熱き想いと行動力でなし得たことであり、感謝と誇りをもって特別な本年を過ごしてほしいと話しました。

IMGP1272-2

 

 

 

 

 

卒業生の数は17,000名を超えると言われていますが、その数は正確には把握できていません。戦争末期に焼け出された時に必死で持ち出したであろう創立当初の卒業生名簿を生徒たちに見せましたが、その中のはじめに記してある氏名も、創立7年後に高等女学校になってからのものでした。その初年度として12名が載っていましたが、生まれた年は明治39年から43年にわたり、年の差がある生徒たちが同じ教室で学んでいたことがわかります。

今年は折にふれ学園の歴史を紐解く機会が多くなると思いますが、そのはじめとして創立者三角錫子先生のことばを生徒たちにおくりました。

「私たちは、この世に生きていく限り、自分の属する我が家、我が国、輪が社会を改善してゆくことに努力せねばならぬ。これらの事を実行してゆこうと思う時、すべてその根本が自己にあることを悟る。自己の改造、自己への奉仕がすべての根源であるということの結論に達成する。」

新たな、そして特別な年を迎え、ひとりひとりが夢を大きく抱き、目標を掲げ、トキワ生らしく日々の学校生活に一生懸命取り組んでくれるものと期待しています。

学園では、11月22日創立記念日に目黒パーシモンホールにて式典、同日夕刻より八芳園にて祝賀会を行います。それに先立ち、11月15日~20日まで、目黒区美術館区民ギャラリーにて美術展を開催いたします。その他各行事にも100周年を記念して特別企画を準備し、逐次お伝えして参ります。卒業生、保護者、学園関係の皆様にはぜひ盛大に100周年を祝う年にしたく、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

アレンジメントでハロウィン気分!

IMGP8141-3 IMGP8142-2

Trick or  Treat(トリック・オア・トリート)10月といえばハロウィン。今日はトキワ松のハロウィンを紹介…ではないのですが、先日行われた学園会(小中高のPTA)文化部の講習会をご紹介します。トキワ松学園では、年に数回保護者の方の交流を兼ねて講習会が行われています。

IMGP8146-2 IMGP8144-2

今回はラウンドアレンジ、半円球に構成する四方見のアレンジメントに挑戦です。オレンジを基調とした華やかでボリューム満点のアレンジは、ハロウィーンの季節にもピッタリ。講師は、ご自身がフラワーアレンジ教室で教えているという文化部長自らが務めて下さいました。

写真をご覧のとおり、会場は参加した保護者の方と文化部の方とで満員御礼。午前と午後の二回行われましたが、どちらも盛況となりました。

IMGP8143-2

アレンジが進んでいくと会場全体に花が広がり一層華やかになります。作品を仕上げた方から、ハロウィーンの背景で記念撮影。参加した皆さんが大満足、きっとすてきなアレンジでご家族をお迎えしたことと思います。ぜひ、これをきっかけにお嬢さんとご一緒にお部屋のインテリアとしてアレンジメントを作ってみてくださいね。

次回文化部の企画は新春歌舞伎の観劇だそうです。どうぞお楽しみに!

How did Gina and Irene like Tokiwa Fes?

IMGP6998-2 IMGP7172-2

9月からトキワ松に着任したALTのGina先生とIrene先生。日本での新たな仕事が始まり4週間で迎えたキワ祭では、海外研修と国際交流部の展示発表を手伝ってくれました。そして、二人とも生徒たちと一緒にトキワ祭を大いに楽しんだようです。二人からコメントをもらいましたので、ご紹介しましょう。生徒の皆さんも、ぜひ読んでください!

20150926_095944-2
Gina(ジーナ先生)
I had a wonderful time at the School Festival, seeing the creativity and hard work of all the students, and what they had come up with for their class and club rooms. I had lots of delicious treats and saw many amazing performances. I was struck by how talented everyone was; I saw many musicians, actors, singers and dancers, and was impressed by every performance. I had lots of fun and can’t wait to see what the students come up with next.

  20150926_145205-2
Irene(アイリーン先生)
The school festival was amazing! I enjoyed the performances the students gave; like from the Musical Theatre Club, Drama Club, and Class J2c’s mock trial. The girls gave flawless performances.  The Art and Manga Clubs also amazed me with their creative talents; not only with their drawings but crafts too.  And the highlight of the festival was the Dance Club’s performance. It was amazing to see how talented and popular the girls were with other students and guests alike.   

トキワ祭御礼

IMGP7271-9 IMGP7196-9

先週末のトキワ祭には、昨年を上回る大勢のお客様にお越しいただき、大盛況のうちに終えることができました。生徒たちは、部活動やクラスの発表に精一杯取り組み、その成果を存分に発表することができたと思います。ご来校いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

今日は、アンケートに記入して下さった感想をご紹介します。トキワ生の頑張った姿を思い描いて、あるいは思い起していただけたら幸いです。

・生徒たちの情熱を感じました。一人一人の表情が輝いていて、素晴らしいと思います。
・トキワ祭、今年も楽しみにして来ました。生徒さん達の頑張りがいたるところで見られ、本当にわくわくしました。どの団体の作品や活動も素晴らしかったです。来年も楽しみにしています。
・単なるお祭りではなく、展示(テーマがよくわかる)とお客様を楽しませるアクティビティに感心しました。
・みんな元気で明るく楽しい雰囲気でとてもよかったです。娘は小6ですが、「受験がんばってね」と中1の生徒の方々に言って頂いてとてもうれしく励みになりました。今年の漫研はとても生き生きして活気に溢れていてわくわくしました!リクエストで絵を描いてくれている子供たちの描いている姿を見てほれぼれしました。上手!
・ミュージカル部がすごかった、感動!
・生徒さんが皆にこやかに校内案内してくれて好印象でした。
・マンドリンギターは本当に素敵でヨーロッパの街並みが見えるかのような素晴らしい演奏でした。
・演劇部の部長のあいさつにもらい涙しました。とっても練習したことがよくわかりました。
・絵がいつもきれいで感心しています。美術部で病院の壁画を作成したのはもっと大きく展示してもよいのでは(もったいないか)と思いました。
・書道部のパフォーマンスが復活しますように!
・理科部の展示はデータもしっかり取られており、見ごたえがあった。また、生徒の説明もしっかりしており感心した。また、文化祭の展示ではないかもしれないが、廊下に貼ってあった高一の理科新聞も面白かった。
・ダンス部のレベルが高く、とても楽しかったです!
・パンフレットが小さくなりよかったです。

IMGP7059-9 IMGP7413-9

IMGP7104-9 IMGP6958-9

IMGP7134-9 IMGP7040-9

IMGP6874-9 IMGP6877-9

IMGP7131-2 IMGP7128-2

 

卒業生サクソフォン・リサイタルのお知らせ

2学期が始まり、校舎中に生徒たちの元気な声が響き渡っています。夏休みには講習や面談、部活動などの校内活動に加え、国内外でさまざまな宿泊行事も行いました。そこでそれらの宿泊行事に参加した生徒がどのくらいいたのかと思い数えてみました。すると、高校2年生までで延べ数ではほぼ100%となり、中には3行事に参加した生徒もいることがわかりました。何事にも一生懸命取り組むトキワ生が、学期中にはできない経験を通して得た成果を、2学期以降の学校生活に生かしてくれるものと期待しているところです。

9.4-2 9.4

さて、卒業生も自分らしく活躍してます。今日は卒業生のリサイタルをご案内します。冨岡さんは、在校中6年間吹奏楽部に所属し、卒業後東京芸術大学大学院を経てパリに留学。さらに技術を磨き、現在プロのサクソフォン奏者として演奏活動を行っています。10月にはCDの発売も予定しているとのこと、皆様ぜひ応援してください。